スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももみん卵巣腫瘍手術から2日目〜経過報告〜

前回の記事から続きます

ももみん術後2日め2113年2月3日(日)

今日も朝イチでももみんと面会です
昨日の不安を抱えながら、なんとか止血されてるとイイなあと祈りつつ病院に向かいました。
担当の先生がお休みなので、今日は違う先生が担当して下さいます。手術の時は病院の先生がみんな立ち会い
助手として居て下さるそうなので、ももみんの術前、術後の様子は全員の先生が把握しております。
もちろん手術そのものは院長先生がして下さいます

ここの病院の重症担当、外科手術は院長先生だそうです。
院長先生はとてもお若く、推定40代後半くらいでしょうか?ご挨拶した時は、あまりベラベラ喋る
先生じゃなくてどちらかというと寡黙なのかな、すんごい真面目な先生だなという印象がありました。
手術を決めるかどうか悩んでいた時に、たまたま待合室にあったコンパニオンバードに院長先生の紹介と
特集があって、それをジーッと良く読んで手術を決めました(^^ゞ

手術をする、または手術をしたという例がどんなに調べてもブログ、ネットから出てきません。
私の場合は、そういう先生の本や病院ブログなどを読みあさり、院長先生ってどんな手術をするんだろうと
必死で情報を探しました。
もし手術で悩んでる方がいらっしゃいましたら、是非見て頂けたら良いかなと思います。
また私でわかる事でしたら、メッセージでも頂ければ私が経験した範囲のことなどお伝え出来たらと思って
います。もちろん手術を考えていらっしゃる方で。
なかなか無いんですよ・・・・・・手術に関しての情報が。

あ、話はそれてしまいましたが・・・・・・
今日の先生は若い男の先生でした。私がはじめてこの病院に来た時の研修医さんで、数年前から担当医と
して活躍されてます。
男性の視点でもお話を聞ける機会があって、私はちょっとドキドキしてしまいました(笑)
行ってる病院はどっちかというと女医さんが多いのです。

今日のももみんは、なんと!血便が出ませんでしたヾ(*´∀`*)ノやったあ〜
うんぴもまだまだですが、昨日よりはイイ状態が見えて来たそうです。やったあ〜止血剤とかが効いてくれ
たかな〜!このまま出血が止まって腸もちゃんと動いてくれますように!

1日5色の流動食もちゃんと受け付けてくれますが、時々オェっ、ペッって何かを吐き出す事があるみたい
です。吐く事は無くなったけど、今までが凄い吐き気に襲われててその余韻などがあるのかなあと。
今日はカステラのかけらも置いて下さっていました


今日の担当先生が言うには、腫瘍ではなく卵管を取るだけであれば術後から4日くらいで回復して退院
する事も多いですが、ももみんの場合は色々な問題や腫瘍などがあったため、普通の状態よりは回復に
とても時間がかかると考えられます。
なので退院まであと一週間から十日はかかるかな・・・・・・。

術後のももみんの体重は26gに落ちていました。それは卵管や腫瘍を取った重さもあります。
その後いっぱい食べていたので28gと2g上がっていました。
腎臓はもう尿の量も落ち着いたので、心配は無いでしょうと言って貰えましたやったね
あとはあとは、本当に便が元に戻る事と胃の調子が落ち着いてくれることですね。
それさえ改善されれば、回復も早いはずです

また明日面会に行ってきます!どうか止血されて、便が元に戻っていますように・・・・・
あと空気も溜まっていません様に(>人<;)















スポンサーサイト

コメント

タブタタブヲ&タブコさま☆ありがとうございます(*´▽`*)

こんばんわ!コメントありがとうございます(*´▽`*)

ももみん血便はあれから出てないので、そこんところは安心しました〜♪♪
しかし、まだ流動食(今日は少し固形を混ぜて)を、ペーッぺと少量吐き散らかすそうなので、胃の後遺症が
心配されています(~_~;)
重症だったので、時間がもの凄くかかるかもしれないし、予後は胃腸障害が出るかどうかも退院も予測がつき
ませんが、ももみんがいっぱい頑張っているので、私も負けないで信じて進みます(`・∀・´)ふぁいとっ

今日の体重は31gで昨日とさほど変わってないですが、胃腸以外は体力的に回復傾向が見られています。
あとは吐かないで固形食になれてくれる事を祈っています(~_~;)体調崩しません様に・・・・・
カステラさえもペッペッとするんですよ〜(汗)昨日からつけたエリザベスカラーが嫌なのかなあ・・・・・・・

上様が時々ももみんを見てくれてると思うから頑張らなくては!
タブヲ&タブコさん、上様いつもありがとうございます(泣)←泣くな〜w


おおちゃんさま☆ありがとうございます(*´▽`*)

こんばんわ!コメントありがとうございます(*´▽`*)

インフルエンザにかかって大変でしたでしょう。おおさん回復されて何よりです。ご自身も大変な時に、ニコルちゃ
んのために一生懸命努力されたおおさんを心から素晴らしいと思います。
情報、あまりないですよね・・・・・一生懸命探された気持ち、痛いほど伝わってきます。なんでこんな事になったの
か知りたいですよね。早くわかっていたら何とかなったかもしれないのにと後悔しますよね・・・・・
ニコルちゃんが何か導いてくれたのでしょうね。苦しんでるおおさんが知りたいこと・・・・・もしかしたらここにあったかも知れないよって・・・・・(´;ω;`)

病院探しは大変ですよね・・まして首都圏から遠ければ遠いほど、鳥専門病院が少ないのが現状だと感じます。
私が基本にしている診療内容はまず、そのう検査、身体、糞便検査はもちろんのこと、血液検査、レントゲン検査
、超音波検査、バリウム検査、そして病院ブログで鳥の診療症例を上げていることを確認します。
私の場合はたまたま最後に選んだ横浜小鳥の病院が同じ県内にありましたので、幸運だったんだなあと思っています。あとは相性とかありますよね(~_~;)
確かに病院に行けばなんとかなるという思いも持ってしまいます。しかし神様ではない・・・小さいだけにわからない
事がいっぱいありますよね。本当に難しい事だと思います。

発情過多ですとどうしても、卵阻止などに力を注いでしまうのわかります(汗)ももみんは年に一回は血液検査
だけはしていました。レントゲンは具合が悪い時にしか撮っていません。病院は基本的、具合が悪くなってから
色々精密検査をするんだと思います。それ以外は基本的、糞便検査と触診が多いのかなって思います。
ニコルちゃんは一歳だったし、本当の検査はこれからという時に具合が悪くなってしまったんですね・・・・・
ニコルちゃん、おおさんの手のぬくもりが気持ち良かったのでしょうね・・
一生懸命お母さんしていたんですね・・ニコルちゃんは愛情いっぱいの優しい仔だったんですね(´;ω;`)

中毒を疑われるほどの尿酸が出るとドキっとします。びっくりするくらいの色ですよね。そうとう炎症を起こして
いた気がします。ですが糞検査で菌が出ないのはももみんも一緒でしたが、尿検査では糖が出ました。
亡くなるほどの原因は・・・わかる事の方が少ないのかなって最近は思います。
おなかの中で何が起こっているのか、明けてみないとわからないんだなって思うのです。ある程度の病気は
予測出来ても・・・・・・これがももみんの今回の病気で感じた事でした。
ニコルちゃん、いいお名前です(*´ω`*)鳥さんは表情があまりわかりませんが、きっとニコルちゃんはおおさん
を見てニコニコしていたのでしょうね♡だからおおさんが大好きだったんですね!

鳥さんは小さいですよね・・・・・・私も歴代の仔はお庭に居ます。毎日挨拶していますよ(*´ω`*)b
姿は見えませんが、いつも側にいますよ。ニコルちゃんもおおさんが心配でずっと近くに居ると思います。
沢山のお友達と遊びながら、時々おおさんの所で羽を休めていますよ〜。

おおさん、無理して我慢しても辛くなるだけだと思います。ですが、泣く時は思い切り泣いて、あとは笑顔で
居ればニコルちゃんもわかってくれると信じています。大切な仔が見えなければ、ずっと悲しいです。
だけど時間がきっとおおさんの心を落ち着かせてくれると信じています。
いつかまたニコルちゃんの生まれ変わりと出会えるまで、無理せず過ごして下さいね(´;ω;`)
私の事は大丈夫ですよ、気にしないで下さいね(*´ω`*)b
私ももっとニコルちゃんの可愛いお話を聞きたいです♡寂しいときも、辛い時もいつでもいいので書いて下さい
ね!待ってます(*´▽`*)

そして可愛いニコルちゃん、ありがとうね(*´ω`*)







まゆさま☆ありがとうございます(*´▽`*)

こんばんわ!コメントありがとうございますヽ(´▽`)/

今日のももみんは1日5回の流動食から、1日3回で固形を混ぜたものを強制自餌してもらったそうです。
昨日もですが、今日は3回ともぺっぺと少し吐き散らかしていたそうです。
出血は完全に止まりましたが、胃腸がまだ正常に働かないのでそこが今後の不安な所です(+o+)
それが落ち着かない限りは、退院もメドがつかないです。ん〜残念(~_~;)

でもいつも通り、悪い予感はしないので時間はかなりかかっても回復してくれると信じています(*´▽`*)
昨日からエリザベスカラーをつけて貰いました!体力は回復傾向にあるので、傷をかじると困っちゃいます
からねヾ(´▽`;)ゝ
いつもありがとうございます。時間はかかりますが、頑張って良い報告が出来る様に前向きにやっていき
ます(≧∇≦)b

良かった…

こんばんは。

一時はどうなるかと思ったけど血便も止まり、流動食も
ちゃんと受け付けてくれて(T_T)
ももみんちゃん、ちゃんと頑張ってくれてますよね。。
本当に偉い。

そして、先生のブログや本をしっかりと読んで先生が
どんな手術をするのか・・
ちゃんと勉強されてるミユさんも凄いです。

ミユさんのそんな想いがしっかりとももみんちゃんに
伝わってますね。

本当に良かった。

後は、しっかり食べて体力をつけてもらいましょう☆

頑張れ!!

ありがとうございます

ミユさん

病気についての説明、そして何より暖かい励ましのお言葉、ありがとうございました。
本当にうれしくて涙がこぼれてきます。


昨日は自分の思いを知ってもらいたくてだらだらと書き綴ってしまいました。
どうしてもニコルの死因が何だったのかやっぱり知りたいという気持ちが拭い切れなくて、いろんなサイトを見て、これかな、あれかなと調べているところにミユさんのブログを発見しました。同じ発情過多で病院通いをしているということで頑張っている方をみつけて、何の情報も知らずに思わずブログにコメントをしてしまいました。初めてです。

私は静岡県西部地区在住で、鳥専門の病院はありません。ほとんどが犬猫専門病院ばかりの中、前の子の時からやっとみつけたエキゾチックアニマルを診てくれる病院に通っていました。
毎回体重測定、時にはレントゲンも撮ってくれるし、フンの検査もしてくれるし、聴診器も当ててくれる。しっかりと病気の説明もしてくれる。
前の病院ではそんなことをしてくれるところはなく、いつも不安の中で通っていました。
だからここなら大丈夫だと信じて通っていたし過信しすぎていたのかもしれません。

12月から卵を産み続けるようになって、生み終わると抱卵、終わるとすぐ発情、その数日後にはまた卵・抱卵というサイクルが1月も続いていました。多分その頃にはおかしかったのかも知れません。
ただ発情を抑制すること、卵を産ませないようにすることばかりに気をとられて、ニコルの体の検査は一切してませんでした。

本当は苦しみながら産卵していたのかと思うと胸が痛みます。
その日のその時まで、何も言わず、本当に鳥さんて我慢強い子だと、もっと痛いよ、苦しいよって叫んでくれたらまだ嬉しいのに。
最後の日、キャリーケースを用意する間、私の左手の中でじっとしていたニコルが忘れられません。元気な時は絶対そんなことはさせてくれないのに、逆に安心なのか、手のぬくもりが暖かいのか動こうとしませんでした。その時指についた緑色のフンは、石鹸で1回洗っただけでは落ちないくらいのすごい色でした。

先生はフンの検査はしてくれましたが、細菌などはいなかったみたいでした。
前回のときも死因不明のまま返された思い出があるので、今回は原因を知りたかったのですが、先生も神様ではないので何もかもはわかりませんよね。
でも、ミユさんのコメントを読んでああ、そうなのかもしれないなと思いました。
先生よりも明快な答えをいくつか出してくださいました。だから胸のつかえが少し取れた感じです。本当にありがとうございます。

今日ニコルを火葬してきました。歴代インコの中で初めての体験です。
「ニコル、鳥さんの骨って小さいねっ」て思いながら拾骨しました。
たった一人の立会い人です。
姿は変わってしまいましたが、この部屋でいつも一緒です。
「ニコル」と名づけたのは、いつも私とニコルがニコニコしていられるようにと思って名づけたので、ニコルを呼ぶ時はいつも笑顔です。
鳥は表情を変えませんが、私が「ニコル、ニコニコ」と言って笑っている顔を見せ続けてきたので、写真のニコに話しかける時は笑顔になります。きっと泣いてる顔はあんまり喜ばないと思ってか涙がでてきません。

私のインフルエンザは治ったようなので、明日から会社通いが始まります。
そうなるときっと仕事中、帰る時、ニコを思って涙してしまうと思います。
待っててくれた相棒のいない部屋に帰るのが一番寂しい時です。
慣れるまで、時間が解決してくれるまでしばらくかかると思いますが、今はただ生きていくことが私のやるべきことなので、ちゃんと食べてちゃんと寝て、元気になって生きたいと思っています。

今回も長々と書いてしまいましてすみません。

ミユさんの悲しい出来事も知らないまま、自分の悲しみだけを訴えて、励ましの言葉まで頂いて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。とてもいい方に知り合えたと思っています。これもニコルのつないでくれたご縁ですね。ミユさんとニコルに感謝します。

また心が寂しい時は聞いてくださいね。



病院ごはんを食べてくれてうれしいよ~

ごはんを食べられているっていうのは安心材料です(^-^)v。ちょっと長い入院になりそうですが、それだけの手術だったわけですよね。でも病院の先生方がももみんちゃんの手術のことをわかっているというのは心強いですね。
不安なこともありますが、今までの病気のことを考えても、ももみんちゃんは生命力も持ってる運も強いと思うので、絶対元気になるって信じてます!!
まさに手術当日にミユさんが感じた「大丈夫」っていう確信の通りですね(*^^*)
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ミユ

Author:ミユ
ミユ♀
神奈川県出身
163cm  ○○kg 爽やかな初夏生まれのB型
今年旦那さまに先立たれ、一人娘のももみんを溺愛中☆


ももみん♀2006年8月末生まれ6歳
性格☆博愛主義のマイペースなお嬢様。
朝から晩まで大騒ぎ。
好きなもの☆小松菜・にんじん・オーツ麦。
特技☆さかさはりつき。
嫌いなもの☆掃除機。
ひとこと☆ちなみに独身よろしくねw

ゆうちゃん☆ノーマルオカメ(仮♂)
2012年8月中旬静岡県生まれ。
2012年10月14日我が家へお迎え。
生後3ヶ月にゅーふぇいすベビたん♪
最近自我形成?ワガママ暴走度加速中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。