スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももみんが手を嫌う理由〜卵つまりの処置は間違いだったのか〜

2012.12.01 00:25|ももみん
こんばんわ〜♪いつもご覧いただきありがとうございます
12月ですね、早いもので今年も残り一ヶ月・・・・・・


今日は、ももみんの病歴について記事にしたいと思います。



ももみんは手が嫌いです。
人の手は全て嫌いです。
発情しようが発情が止まろうが、ももみんが一番嫌いなものは手のようです。

発情→産卵をくりかえしてきたももみんですが、3歳頃のときに卵つまりを起こしました。
卵詰まりは時々ありましたが、ケージから病気用飼育ケースに入れて、暑がるくらいに
温度を上げると24時間後には産んではいました。
全体的に温度が上がるより、お腹が温まったほうが産みやすかったので、厚手のタオルの
下に低温やけどしないようにホカロンを入れると産んでくれました。

(これは病院がお休み、または夜中に詰まった時の応急処置だったので、それ以外は病院に
すぐに連れて行ってました)

ももみんはホルモン異常な所があったので、産卵サイクルが結構狂う子でした。
通常は一日起きに、4〜6個と言われていますが、ももみんは2日後に産んだり3日後
に産んだりとかなり間が空く産み方をします。

卵がお腹にあるのがわかっていて3日の間はヤバイな・・・・・と思った私は、水曜日の
夜に即病院に予約を入れて、ももみんを連れて行きました。
病院は先生が担当制だったのですが、その日は急だったため担当の先生はお休み・・・・・
代理の先生に見てもらいました。
完全に出来上がった卵があるのは確認できたが、病院が明日木曜日で休診だったため万が一
明日産まなかったら大変だな・・・・・とのことで急遽卵を出してもらう事になりました。
それがいけなかった・・・・・・・

待合室で待っているあいだのももみんは・・・・・もう嫌で泣くのではなく、鳥の悲鳴・・・
もう悲鳴で聞いてられない。
今でも思い出すともうなんとも言えない・・・・・

無事に出た卵はとっても綺麗でした。
ももみんも落ち着いてるように見えた。
卵を出してもらってスッキリしたかな?
私は本当に安易にそう考えていた。



しかし帰って飼育カゴから出して、ももみんをケージに入れようとしたら・・・・・
ももみんが脚を引きずってる。
そして一生懸命すみっこに逃げて、キューキュー鳴いて触ろうとすると悲鳴をあげる。
なんとも言えない声と目をして・・・・・
今でも忘れない。

その時思いました・・・ああ、ダメだ、この子怯えちゃってダメだ。
『大丈夫だよ、おいで・・・・・』
と、そっと包んでおうちに入れたら、ももみんの嘴の色がみるみる真紫になってきた。
ヤバイなこの色・・・・・

彼もこれはヤバイなと即、病院に電話をしました。
状況を話すと・・・・・時間外だけどすぐにまた連れてきて下さいと言われ、ももみんを
ケージごと連れていきました。
さわれる状態ではないので、ケージごと・・・・


2009020118270000.jpg
退院後のももみんの嘴です。

まだ上の方、3分の一が紫が残っています。
元にもどるかどうかはわからないと言われましたが、現在は完全に消えました

病院に着いたら、もう時間外なので患者さんは居ない。
診察室に入ったももみんの側には、病院の先生が3〜4人集まってきてももみんを処置している。
先生方が集まるなんて、そんな大変なことになってるなんて・・・・・
酸素も用意されてる。

卵詰まり処置をしたことによって、ももみんのストレスと恐怖は相当のものだった。
そのため、酸欠を起こした状態になってしまいました。
カルシウム欠乏症も起こし、脚もひきずってしまったのでそのまま入院になりました。

しばらく酸素室で過ごすももみん。
カルシウム剤も投与。

3日間で退院出来ました。
カルシウム剤のお陰もあり、帰ってきた時はとっても元気になっていたのですが・・・・・・
手に対してのトラウマは未だかつて消えません。

手を差し出すと・・・・・がぶーっと流血するまで噛んでから、乗っかります(笑)
お陰でどんなに穴を開けられても、耐えることが出来ています。
あまりの痛さといえ振り払うわけにはいかないから、我慢するだけ我慢したら、アラララ
痛みの耐性って出来るんだな(笑)

発情させて卵詰まらせたのは飼い主の私の責任だから、流血するほど噛まれても耐えられる。
いや・・・・・耐えないと、ケージのお掃除も出来ないんだもん
手袋すると滑らせて、怪我させたりしたら嫌だし。


手乗り崩れみたいな可愛いももみんだけど、姿が見えないと鳴くし
噛んでわがままでしょうがないけど、可愛いだけがイイわけじゃないもんね。
いいも悪いも色々あって、初めて良さと存在の大きさがわかるんじゃないかな♪


お互いにね

















だけど、もう発情ダメだよ〜!これだけは許さないよママは















ゆうちゃんになでポチおねがいします(≧∇≦)/
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村


ももみんの発情止まりますようポチおねがいします(≧∇≦)/
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村


















スポンサーサイト

コメント

タブタタブヲ&タブコさま(≧∇≦)/こんばんわ〜

コメントありがとうございます(*゚▽゚*)

も、ももみんの病歴を上げると、そんなに色々やってるの〜??って思われてしまうくらい
あるんですよ(´ε`;)
すべて発情がからんだものではあるんですが・・・。卵詰まり、特に寒い頃と何度も産卵して
いたり、栄養不足だったりだの色んな要素が絡み出すと詰まりやすいようです(´;ω;`)

結果ももみんのストレスと恐怖はチアノーゼを起こしてしまうくらいのものになってしまい
ましたが・・・・そんな経験があっても卵を産ませないコントロールは難しいものでした。
人間が恋をするのと同じように、鳥にとって恋は発情なんですよねえ・・・・・・。
許してくれているかなあ・・・・・・・(T ^ T)

何年経っても手をイヤがるのは変わらないのですが、発情してないと少しやわらいでくれている
んですよ(*゚▽゚*)
指の持って行き方がポイントなので、間違えるととんでもない流血です(笑)

いつもありがとうございます(≧∇≦)


ももみんちゃん、頑張ったね!

こんばんは!

ももみんちゃんの病歴を拝見し、とても大変&辛かったですね。

卵詰まり、、女の子はこれがありますもんね。

卵を出してもらってる時の悲痛な声・・
待合室で待たれてる時のミユさんのお気持ち、なんともいえない
お気持ちだったでしょうね。
でも、ももみんちゃんも怖かったんですね。。

ストレスと恐怖。
相当なものだったことでしょう。

まさかこんな事になるなんてミユさんも思いもしなかったでしょう。
だから、間違いだったなんて思わないでくださいね。
ももみんちゃんはちゃんとミユさんのお気持ちは分かってくれてるはず・・。

でも、怖い思いをしたからなかなか手が怖いトラウマは消えないんでしょうね。
いつか、ミユさんの手を怖がらないようになる日が来てくれると信じてます。

ミユさんのももみんちゃんへの愛情。きっとこの愛情が伝わるはずです。


可愛いももみんちゃん、これからも元気で可愛い姿を沢山見せてね☆
非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ミユ

Author:ミユ
ミユ♀
神奈川県出身
163cm  ○○kg 爽やかな初夏生まれのB型
今年旦那さまに先立たれ、一人娘のももみんを溺愛中☆


ももみん♀2006年8月末生まれ6歳
性格☆博愛主義のマイペースなお嬢様。
朝から晩まで大騒ぎ。
好きなもの☆小松菜・にんじん・オーツ麦。
特技☆さかさはりつき。
嫌いなもの☆掃除機。
ひとこと☆ちなみに独身よろしくねw

ゆうちゃん☆ノーマルオカメ(仮♂)
2012年8月中旬静岡県生まれ。
2012年10月14日我が家へお迎え。
生後3ヶ月にゅーふぇいすベビたん♪
最近自我形成?ワガママ暴走度加速中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。