スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごぶさたしてますヽ(・∀・)ノメンタル大事だよ〜ん。

2013.05.24 22:59|ももみん
こんばんわ!いつもご覧いただきありがとうございます
ここ暫くは新しい職場に向けて研修・活動などしていましたので、少々ブログから遠ざかっておりました。
やっとこ落ち着いたので、久しぶりに我がお嬢ズと私自身のことを報告したいと思います

まずはわたくし今月13日に10年勤めた部署を去り、新しい職場へ向けて研修・支度諸々取り組んでいました。
そして今日や〜っと配属場所が決定しました。長かった・・・・・(笑)
決まったのは精神科・心療内科の専門病院です。床数も多くかなり古くからある病院でして、運がいいのか通勤
は徒歩圏内です。ももゆうの為に頑張らなきゃ!

ももみんちゃん、元気です
IMAG0687.jpg
お嬢、こっちむいてご挨拶なさい( ゚д゚ )なに、そのヒモは・・・・・・(笑)
5月11日(土)の通院日からの体重は・・・

5月12日(日)33・0g。
5月13日(月)33・0g。
5月14日(火)32・0g。
5月15日(水)32・5g。
5月16日(木)33・5g。
5月17日(金)34・0g。
5月18日(土)33・5g。
5月19日(日)33・0g。
5月20日(月)33・5g。
5月21日(火)32・5g。
5月22日(水)33・0g。
5月23日(木)33・0g。
5月24日(金)32・5g。

通院日から換羽は落ち着きました。ただ今日までずっと尿酸が黄色かったり、水分がずいぶん多くなってきて
心配はありました。おゆう(お嬢2)の通院日が5月19日(日)だったので、ももみんのうんぴをラップで包み
先生に確認してもらいました。確かに尿酸黄色いですね・・・・・・なので肝臓薬また追加に゚(゚´Д`゚)゚
黄色くなった理由は軽い発情と、長く続いた換羽の影響かなと思ってるのですが・・・・・・
そして現在の温度は34度が一番最適です。
一時寒かったりしたので、36度まで上げて調子が戻る時があったのですが暖かくなってからは温度調整が凄
く難しくて今日まで温度を見ながらうんぴを確認する毎日が続いていました。

一昨日は36度で水分が異常に多いのが続き、33度にまで温度を下げると水分が減る。しかし、
昨日は32度で元気でしたが、うんぴは良くなるものの出が悪い感じがするしなんとなく動きが鈍い。
そして今日は34度で様子を見たら、動きは早く尿酸の色が若干クリーム色に近くなる。水分も多少はあるが
一昨日ほどの酷さは無し。動きも凄い活発になり、沢山食べる。でもまだ尿酸黄色が何回かあるなあ。

こんな感じで温度調整が非常に微妙な度数で、ももみんのうんぴに影響を与えています。
うんぴがいい状態に近づくのは腸がその温度を理想としていると考えています。ももみんのお尻は完全に毛が
生え揃っていないので、寒いと一発でうんぴに出ちゃうみたいで・・・・・・。
雨の日はやっぱり晴れの日よりもまったりさんになります。3月からは吐き気も全く見られなくなりましたが
、それだけでもじゅうぶん有難い事なのだといつも感謝しています。
元気になってくるとそれ以上を望んでしまったり、ちょっとした事で不安になる事も未だ毎日あります。
少し寝ている時間が多いと、なにか具合悪いんじゃないかとか心配になります。正直常に不安はつきまとって
います。そんな風にしていたら先日母に言われました。

少し神経質になりすぎ。大丈夫だから
確かにその通りです。母の言うとおりです。具合が悪いとすぐ病院行かなきゃ!?と私は言ってしまいます。
ももみんが今現在にて病院に行くとしたら、体重が30gを切った時、吐き気が出たとき、あきらかにぐったり
してる時、便があきらかにおかしいと確認できた時なんですが・・・・・・。
すんごく元気な日があれば、大人しい日だってありますよね・・・天気が悪ければ人間だってまったりしますよ
ねえ・・・・・・、顔で笑っても内心はとんでもなく神経質になっていたので、本当に反省です。
今のももみんが、これがももみんの普通なのだから・・・・・・もっとどっしり構えて頑張ります〜

20130522-003554.jpg
今日は夜、ずっとべったりかまっていたら元気になったよねももみん
ちょっとここんとこバタバタしていたから、わざと拗ねていたのかも知れないね。ごめんねももみん
早く尿酸クリーム色に戻ってね


次はおゆう(お嬢2)のお話ですヽ(・∀・)ノ













ももみんちゃん尿酸がクリーム色に戻ってね〜にポチをお願いしますヽ(・∀・)ノ
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村


ゆうちゃんもうおたま産まないでね〜にポチをお願いしますヽ(;▽;)ノ
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村


















スポンサーサイト

ももみん発情止まりました〜とり村さんレポ☆タマちゃん&モモちゃん&ロクちゃん〜

2013.01.18 01:11|ももみん
こんばんわ!いつもご覧いただきありがとうございます

早いものでもう金曜日になりました!あれからももみんは体重は戻ってはいませんが・・・・・
なんとタマゴを産むことなく、見事抱卵モード&吐き戻シーズン突入になりました〜

タマゴを産まず抱卵(擬似抱卵?)体制に入ったことの理由はわかりませんが、ももみんの中では
タマゴを産んだ事になっているのでしょうか?
抱卵体制にする吐き戻シーズンも同時にやってまいりました
偽卵のことも先生に相談しましたが、卵を産んでからという風に指導して頂いたこともあり、偽卵は保留にして
おりました。しばらくこのままにしておこうと考えています

今回は温度と湿度とゆうちゃんのお陰だと思っています!ゆうちゃ〜んありがとう
ゴッドマザーの報告により、今日の昼間の放鳥は室温17度でも、ももゆう超元気で遊んでいたそうなので
だいぶ寒さにも慣れて来てくれたと感じています。
もうこれ17度からは下げる事はできないと思います。ここまで下げても元気でいてくれる
という事はももみんの卵管炎は完治したようです!良かった

後はもう発情を少しづつ抑えていければいいな・・・・・・ね、ももみん20130117-215907.jpg
はい、おかげさまでしたいい子いい子(´д`)エエコヤノ-




20130117-215734.jpg
ゆうちゃんは相変わらずスリスリおチリなので、見つけたら速攻やめさせています
とり村さんで購入したオカメインコちゃんのスマホ入れがお気に入りです


それではとり村さんレポ〜タマちゃん&モモちゃん&ロクちゃんの3オカメーズ〜

IMAG0475.jpg

IMAG0473.jpg
すみません〜とっても元気が良い子でして、どうしてもブレてしまった2枚です。
オカメちゃんのモモちゃんですチーズちゃんにそっくり((笑))きゃわゆすぎます〜


IMAG0461.jpg
ここ子はオカメインコのタマちゃんです
ご機嫌だったのか、毛づくろいに夢中でした。次回は可愛いお顔を撮らせてね

実はこのタマちゃん、原因不明の病気を抱えて闘病中なのです。
そのため鳥村さんでも病鳥の子を中心とした温度管理の必要な仔たちの居るお部屋にいます。
腎臓か肝臓か・・・・・換羽でかなり体調を崩しやすいみたいです・・・
原因がわからないって本当に辛いものです。
チーズちゃん&モモちゃんとそっくりなタマちゃんですすっごく可愛いのです。


IMAG0462.jpg
そしてロクちゃんです。ホワイトフェイスのノーマルさんかな??
私も勉強中の身なので、まだオカメちゃんの種類が把握出来ていません
この仔もタマちゃんと同じ温度管理の必要なお部屋にいました。病鳥専門のお部屋は入ると
ムワっとするほど暑いのですがロクちゃんはずっと膨らみ気味でした。
ロクちゃんも原因不明の血尿と血便が時々出るそうです。生殖器系かもと仰ってましたが・・・
このロクちゃんもやはり原因がわかりません。

以前、病院の先生に聞いてみたことがあります。オカメちゃんって肝臓が弱い子が多い気が
しますと。すると先生はこう仰りました。
肝機能低下の原因は肥満、発情や換羽の状態によって悪くなる例が多いとのことです。
ですのでオカメちゃんだけにではなく、鳥さん全般に言える事なんだそうです。

病院のブログを見ているとオカメちゃんは肝臓が弱い子が多いなというイメージがあったので
そう聞いてみたんです。
確かにももみんも発情によって肝臓を悪くしています。先代のヒナも肥満と精巣腫瘍によって肝臓を悪く
しています。
鳥さんって肝臓が弱りやすいのかな・・・・・そう思えてしまいます。

どうかこの仔たちがいつまでも元気に、そして苦しまずに幸せな鳥生を送れますように・・・
出来るだけお手伝いしたいです。私も病気の子を抱えている辛さ少しだけど知っているから。
そして、具合が悪いことがどんなにつらいか少しだけれど私も知ったから・・・

どうかどうかこの仔たちも同じ様に幸せであってください・・・・・・



























次回はスポンサー制度について〜とり村さんレポ☆
〜会いたかったよフクちゃん!そしてお母さん〜です。

今日もおつきあいありがとうございました





少しでも病気の仔が減りますように・・応援のポチをお願いします(>人<;)
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

みんな幸せで平和でありますようにポチをお願いします(≧∇≦)/
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログa>






















ももみん☆病院に行ってきました♪〜ホルモン注射は?〜

2012.12.04 02:04|ももみん
こんばんわ〜♪いつもご覧いただきありがとうございます
日曜日にももみんを連れて、病院に行ってきました!
先日の緑色の尿酸が一過性であることを祈りながら、当日の朝のももみんうんぴは・・・

IMAG0398.jpg
こんな感じでしたちっさくなってます。
う〜ん、やっぱり一時的なものか・・・・・しかしなんとなく黄色い。

日曜は午後から夜中まで仕事を控えていたので、別の日に変更しようかと思っていたが、しなくていがっだ・・・・・
先生に前日のデカうんぴ尿酸緑の写メを見せながら説明したところ・・・・・
本日のうんぴの検査をしてもらった結果

先生『菌も無いし、この状態では卵管炎、腹膜炎の可能性は無いですよ
と仰って貰いました〜やっほい!

しかし・・・・・
先生『しっかりと発情はしていますね〜』お嬢様骨盤全開気味。
やっほい・・・・・・・・

先生『肝臓に負担がかかるのでホルモン注射は出来ないので、発情対策しっかりとね』
やっほい・・・・・
嫌いなものを側に置くとか、ゆうちゃんを近づけるとか(笑)

しかし、とうとうホルモン注射も度外視に。
最後の砦まで無くなってしまった・・・・・・本当に自力阻止だけになってしまった
事実、ホルモン注射もイイ訳は無いのだけど、最後の手段としてはあって欲しいものだと
使えなくなってしまった今、そう思ってしまう。
自力で発情を抑えることがどんなに難しいことか知っているだけに・・・・・・

多用しては肝臓・腎臓に負担がかかるものだが、卵詰まらせて命落とす事だってある。
発情のしすぎでだって肝臓は
痛めてしまうものだし、発情ばかりしていたら生殖器だって炎症・腫瘍の可能性も出てくるし。
ホルモン注射は賛否両論。
だけど無いよりはいい。

しかしもう打てない・・・・・。

なんとかがんばるしか無いだ・・・・・・・。
取りあえずは炎症していなくて本当に良かった!

20121203-215610.jpg
脚を冷やさないように、小さいホカロンをティッシュでまいたよ

20121203-215434.jpg
ダメダメだめなのですう〜!
ホカロンの上気持ちいいから離れません

20121203-215046.jpg
脚暖かいでしょう!ご機嫌だね〜ももち

20121203-214939.jpg
やったね


20121203-215144.jpg
わっ!Σ(゚д゚;)いきなり坊や

20121203-215751.jpg
ぼうや、掃除しにくいです


20121203-215318.jpg
ねえ〜
おこちゃまの考えることはわかりません。































































何かわからないけどがんばるゆうちゃんにポチをお願いしますw

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村


ももみん、これ以上卵産まないでね〜にポチをお願いします
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村


















ももみんが手を嫌う理由〜卵つまりの処置は間違いだったのか〜

2012.12.01 00:25|ももみん
こんばんわ〜♪いつもご覧いただきありがとうございます
12月ですね、早いもので今年も残り一ヶ月・・・・・・


今日は、ももみんの病歴について記事にしたいと思います。



ももみんは手が嫌いです。
人の手は全て嫌いです。
発情しようが発情が止まろうが、ももみんが一番嫌いなものは手のようです。

発情→産卵をくりかえしてきたももみんですが、3歳頃のときに卵つまりを起こしました。
卵詰まりは時々ありましたが、ケージから病気用飼育ケースに入れて、暑がるくらいに
温度を上げると24時間後には産んではいました。
全体的に温度が上がるより、お腹が温まったほうが産みやすかったので、厚手のタオルの
下に低温やけどしないようにホカロンを入れると産んでくれました。

(これは病院がお休み、または夜中に詰まった時の応急処置だったので、それ以外は病院に
すぐに連れて行ってました)

ももみんはホルモン異常な所があったので、産卵サイクルが結構狂う子でした。
通常は一日起きに、4〜6個と言われていますが、ももみんは2日後に産んだり3日後
に産んだりとかなり間が空く産み方をします。

卵がお腹にあるのがわかっていて3日の間はヤバイな・・・・・と思った私は、水曜日の
夜に即病院に予約を入れて、ももみんを連れて行きました。
病院は先生が担当制だったのですが、その日は急だったため担当の先生はお休み・・・・・
代理の先生に見てもらいました。
完全に出来上がった卵があるのは確認できたが、病院が明日木曜日で休診だったため万が一
明日産まなかったら大変だな・・・・・とのことで急遽卵を出してもらう事になりました。
それがいけなかった・・・・・・・

待合室で待っているあいだのももみんは・・・・・もう嫌で泣くのではなく、鳥の悲鳴・・・
もう悲鳴で聞いてられない。
今でも思い出すともうなんとも言えない・・・・・

無事に出た卵はとっても綺麗でした。
ももみんも落ち着いてるように見えた。
卵を出してもらってスッキリしたかな?
私は本当に安易にそう考えていた。



しかし帰って飼育カゴから出して、ももみんをケージに入れようとしたら・・・・・
ももみんが脚を引きずってる。
そして一生懸命すみっこに逃げて、キューキュー鳴いて触ろうとすると悲鳴をあげる。
なんとも言えない声と目をして・・・・・
今でも忘れない。

その時思いました・・・ああ、ダメだ、この子怯えちゃってダメだ。
『大丈夫だよ、おいで・・・・・』
と、そっと包んでおうちに入れたら、ももみんの嘴の色がみるみる真紫になってきた。
ヤバイなこの色・・・・・

彼もこれはヤバイなと即、病院に電話をしました。
状況を話すと・・・・・時間外だけどすぐにまた連れてきて下さいと言われ、ももみんを
ケージごと連れていきました。
さわれる状態ではないので、ケージごと・・・・


2009020118270000.jpg
退院後のももみんの嘴です。

まだ上の方、3分の一が紫が残っています。
元にもどるかどうかはわからないと言われましたが、現在は完全に消えました

病院に着いたら、もう時間外なので患者さんは居ない。
診察室に入ったももみんの側には、病院の先生が3〜4人集まってきてももみんを処置している。
先生方が集まるなんて、そんな大変なことになってるなんて・・・・・
酸素も用意されてる。

卵詰まり処置をしたことによって、ももみんのストレスと恐怖は相当のものだった。
そのため、酸欠を起こした状態になってしまいました。
カルシウム欠乏症も起こし、脚もひきずってしまったのでそのまま入院になりました。

しばらく酸素室で過ごすももみん。
カルシウム剤も投与。

3日間で退院出来ました。
カルシウム剤のお陰もあり、帰ってきた時はとっても元気になっていたのですが・・・・・・
手に対してのトラウマは未だかつて消えません。

手を差し出すと・・・・・がぶーっと流血するまで噛んでから、乗っかります(笑)
お陰でどんなに穴を開けられても、耐えることが出来ています。
あまりの痛さといえ振り払うわけにはいかないから、我慢するだけ我慢したら、アラララ
痛みの耐性って出来るんだな(笑)

発情させて卵詰まらせたのは飼い主の私の責任だから、流血するほど噛まれても耐えられる。
いや・・・・・耐えないと、ケージのお掃除も出来ないんだもん
手袋すると滑らせて、怪我させたりしたら嫌だし。


手乗り崩れみたいな可愛いももみんだけど、姿が見えないと鳴くし
噛んでわがままでしょうがないけど、可愛いだけがイイわけじゃないもんね。
いいも悪いも色々あって、初めて良さと存在の大きさがわかるんじゃないかな♪


お互いにね

















だけど、もう発情ダメだよ〜!これだけは許さないよママは















ゆうちゃんになでポチおねがいします(≧∇≦)/
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村


ももみんの発情止まりますようポチおねがいします(≧∇≦)/
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村


















ももみんは飛べなくったって何一つ変わらない☆

2012.10.30 00:36|ももみん
こんばんわ〜いつもご覧いただきありがとうございます

ももみんはセキセイインコ
羽があるのに飛べないインコ
だけど飛べないからってなにひとつ変わることはない
私にとっては。

ももみんは生後半年で飛べないインコになってしまいました。
生後5ヶ月の初の産卵で卵を一個産んでから、右の肩があがらなくなってしまいました。
当時いい病院など知らなかった私は、ネットで調べた病院にももみんを連れて行った。
そこは犬猫小鳥の病院で、TSUBASAさんのセミナーでも講師を勤められるほどの
名医のようです。
レントゲンを撮ったときに出た白い影。

診断結果は


アスペルギルス症



頭を思い切り殴られたような衝撃でした。
肺の半分以上が侵食されてしまったら命にかかわる・・・・・
早いうちに叩かないといけないので抗生物質&抗真菌剤を処方されしばらく飲ませました。
右肩の骨に白い沈着したものもあり、アスペが原因でなのかそれはわからない。

幸い半年ほどの投与で完治したわけですが・・・・・(以後再発無し)
ももみんは飛べないセキセイインコになってしまいました。

飛べないと寿命が短いのかな・・・・・色々思ったりしましたが、先生もそんなことが
原因で寿命に影響があるかはわからないと言ってくれたのもあり、あまり気にしない様に
しました。

ゆうちゃんが来てから、ももみんは飛べないのだな〜となんとなく再認識しました。
だけど早いうちから飛べなかったので、ももみんにとってはなにひとつ不自由&おかしいと
感じる要素が無かったのが幸いだったかな・・・・・
私が新しい仔をお迎えするに悩んだ理由のひとつでした。
ほかの子が飛んでるのに、何故ももみんは飛べないのと思ったりするのがいやでした。
だけど飛びまくるゆうちゃんを迎えた17日目の今、ももみんはそんなこと全く気にも止めんかった(笑)

飛べないおねまはめっちゃかわいいにょ〜


20121029-214358.jpg
ももさん・・・・・おちり見えてますけどw
飛ぶことよりも食欲が勝ってるももみんです


20121029-214552.jpg

ゆうちゃんだって負けないじょ〜


20121029-223556.jpg

しなびてる小松菜で遊んでます。なんか笑ってるんだけど・・・・・


20121029-224035.jpg

なにか♂にこだわってますな
(飼い主ハンドクリーム塗りなさいw)


IMAG0291.jpg
かいてかいて〜


IMAG0293.jpg
なでてなでて〜換羽中でかいいの〜
(飼い主のオカメ慣れしてない手が笑えます)

IMAG0294.jpg

あれ、トサカは?(笑)




ももみんはその後も発情の免疫低下で副鼻腔炎にかかったり、たまご詰まったり
肝機能がものすごい数値になったり卵管炎起こしたりいろいろありましたが
なんとかここまで回復し、8月半ば元気に6歳を迎えてくれました!かーちゃん歓喜よ〜

これからもゆうと共に長生きしてもらわないと天国のパパに顔向けできませんからね
ももみんの病歴についてはまた記事にしたいと思ってます。
頼りないけどなにかの役に立ちたいから・・・・・。



20121029-225242.jpg


┐(´∀`)┌ハイハィ














飛べなくてもももみんはももみんだよ〜にポチをお願いします(*´ω`*)
ブログ村にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村


おねま大好きなゆうちゃんにいい子いい子のポチをお願いします(*´ω`*)
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
















| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ミユ

Author:ミユ
ミユ♀
神奈川県出身
163cm  ○○kg 爽やかな初夏生まれのB型
今年旦那さまに先立たれ、一人娘のももみんを溺愛中☆


ももみん♀2006年8月末生まれ6歳
性格☆博愛主義のマイペースなお嬢様。
朝から晩まで大騒ぎ。
好きなもの☆小松菜・にんじん・オーツ麦。
特技☆さかさはりつき。
嫌いなもの☆掃除機。
ひとこと☆ちなみに独身よろしくねw

ゆうちゃん☆ノーマルオカメ(仮♂)
2012年8月中旬静岡県生まれ。
2012年10月14日我が家へお迎え。
生後3ヶ月にゅーふぇいすベビたん♪
最近自我形成?ワガママ暴走度加速中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。